マイ・ファミリー総合カタログ

家族や子育てについてのカタログ

子育て

息子よ。急に男になったねぇ。

心に残っている映画のセリフがある。「急に男になったねぇ。」これは、天空の城ラピュタでドーラが言った言葉だ。急に男になった。僕たちはいつから男になるのだろうか? 長男がこの春小学校になる。その長男が急にお兄ちゃんになった、ように感じる。どんな…

発酵と思考12『息子とチャップリンを見た。』

子どもと「モダン タイムス」という映画を見た。DVDでだ。 モダン・タイムス Modern Times [Blu-ray] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2016/12/22 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る これはチャップリンの代表作の一つで、今で…

発酵と思考11『形のない財産』

家族に何が残せるだろうか?そんな風に考える。子どもが生まれてからか、自分の人生の終わりを意識するようになった。といってもこれは暗い話ではない。いつか終わりを迎えるからこそ、今が輝くのだ。まるで花火のように。 この感情の名前が「愛おしい」とい…

発酵と思考9「発酵と子育てⅡ」

今週の土曜日に、長男の卒園式がある。 いつの間にか卒園するようだ。 もちろん僕も、卒園式には出席する。 だけど、なんだかあっという間で実感がない。 まあ、僕が卒園するわけではないが。 長男は4歳から保育園に入った。 小さい保育園だから、周りのお…

発酵と思考6『発酵と子育て』

子育てと発酵は似ている。 それは、「ほっとけば育つ」ということだ。 例えば、味噌の発酵を考えてほしい。 味噌の作り方は大豆を煮て潰し、塩と米麹を混ぜ、あとは寝かせるだけだ。 そしたら、半年後、あら不思議お味噌になっている。(途中一度だけ天地返…

「もし、子どもがインフルエンザにかかったら」

5歳の長男がインフルエンザにかかりました。火曜日から熱が出て、今日ようやく熱が下がりました。 今は元気です。 それで、ほかの家族も今のところ発熱はありません。 つまり、インフルエンザの猛威を最小限の被害で食い止めたわけです! 今日は、その際に…

子どもと一緒に習い事をする親

☆なぜ、子どもの習いごとで親が悩むのか?☆ そもそも、習うのは子どもなのになんで親が悩むのかが不思議です。おそらくそれは、「親が子どもに何をさせようか?させてやろうか?」という意識があるからですね。 習いごとってなんでしょう。これはそれぞれの…

トムとジェリー 息子が見るか 娘が見るか

先日、こんな記事を書きました。 family-base-camp.hatenablog.jp これは、3歳の娘とお風呂に入ったときの話。 娘がどれぐらい「トムとジェリー」が好きかということが伝わってきたという内容です。 【アッー!!】トムの絶叫シーン詰め合わせ+α 【トムと…

「ウチの娘は長嶋茂雄かもしれない」話。

昨日、お風呂に入っているときのことです。 3歳の娘が僕にこういいました。 『私、トムとジェリーが好き~♪』 トムとジェリー。言わずとしれた名作ですね。 トムとジェリーで笑えるシーン それで僕は娘にこういいました。 『そっかぁ~。どんなところが好き…

男の子を持つ父親は必見!映画「バケモノの子」は不器用な父親のための映画だ!

今更ながら細田守監督の「バケモノの子」をみました。これがすごくおもしろかったのです!細田守監督の作品は「サマーウォーズ」や「おおかみこどもの雨と雪」ですね。この二つは観たことがあったのですが、「バケモノの子」を観るのは初めてでした。この映…

「私は泣いたことがない。。。(涙)」

僕は、映画やドラマを見て泣くということがほとんどありません。それは、やはりどこかリアリティがないというか、非現実的な感じがして、最終的には泣けないのです。感じ入ることはあるんですけどね。 そんな僕ですが、今朝がた、撮りためていたドラマ『コウ…

ホントに今のうち!子どもと一緒に習いごとをしよう!

みなさんは、子どもの習いごとってどうされてますか?うちの子どもはまだ何も習っていません。もちろん、親が習うわけではないので、習いごとに関しては、子どもがしたいことをさせてあげたいと思っています。 ですので、子どもが自分で「○○を習いたい!」と…

ドラえもんドンジャラで過去にタイムスリップ!

最近、我が家では『ドラえもんドンジャラ』をすることが流行っています。 みなさんはドンジャラを知っていますか?僕は子どものころ、ドラえもんのドンジャラが家にあった記憶はあるのですが、それを家族でプレイしたことは記憶にございません。。。 それで…

子育ては女性の仕事だと思う!

うーん!なんて刺激的なタイトル♪(笑) 文面だけみると、煽っている感じもなく、普通の文面なのですが、内容はと言うと、このご時世なかなか刺激的なタイトルですよね!(我ながら・・・) そして、全国のフェミニストの皆さんからミサイル攻撃を受け、僕の“…

子育てに魔法の言葉は使わない方がいい!

まず最初に育児あるあるを一つ 「布団を敷いていると、すかさず乗ってきがち~♪」 うちは、ベッドでなくて布団をしいて、家族4人が川の字で寝ているという、古風な家族風景となります。それで、布団で寝ているご家庭の方は共感していただけると思うのですが…

ワンランク上の勇気づけ2

アドラー心理学では「勇気づけ」をして、子どもを育てていきます。勇気づけと言うのは、一概にこういうものだ!ということはできず、時と場合によって、いろんな手法があります。

『ワンランク上の勇気づけをめざす』

アドラー心理学では子育てで「勇気づけ」を行っていきます。勇気づけが何か?というと、、、これがとても難しいんですね(笑)勇気づけというテーマで本が1冊ありますから。

"人生は苦しい"と子どもにちゃんと教えよう!

そういえば先日。家族で夕食を食べているときに、息子がこんなことをつぶやきました。 「保育園が楽しくない。」 保育園が楽しくない。これって皆さんどう思いますか?

「お兄ちゃんと妹の育て方の違いで書いておきたいこと」

テンプレートに当てはめるのはあまり好きではありません。でも、せっかくテンプレートがあるのだから興味本位で当てはめてみたくなるのがテンプレート。そのテンプレートに当てはめた結果、気づいたことがあったという話です。

勇気の翼でどこまでも飛んでいけ!我が家の勇気づけカード

僕は、アドラー心理学で子育てをしており、月に1回のペースで自助グループと言われる学習会に参加している。 今日で8月に入ったので、先月の自助グループに参加した時のこと。そこで「勇気づけカード」なるものを、ほかの参加者の方からいただいた。 この…

「あたりまえにありがとう。」

日々、生活をしていて、最近気づいたことがある。それは「あたりまえにこそありがとうを言おう」ということである。これは、子育てに限らず、夫婦関係の中でもそうだと思う。 あたりまえが当たり前になってはいけない。あたりまえにこそありがとうを言いたい…

「また一つ、終わったなぁ。」

昨日、息子が保育園から帰ってきたときのこと。家に入ってくるなり、手で持ったセミを僕に向けて「ウィ~ィィィ!!!ホレェェェ~!!!」と言って来た。 このブログで何回も書いているが、僕は虫が触れない。

「子どもと妖怪の勉強をするよ!妖怪は人と人と仲良くさせる!」

親と子どもが何か一つのテーマに沿って“一緒に学んでいく”ということは素敵なことだと思う。前から、子どもと何か一緒に学んでいきたいと思っていた。 しかし、これにはいろいろタイミングがある。 例えば、今年のに入って最初の方は“スポーツチャンバラ”に…

「34歳の父。3歳の娘から生きる姿勢を学ぶ。」

先日、僕が出かけようとすると、3歳の娘がこんなふうに送り出してくれた。 「いってらっしゃい!迷惑かけんようにね~」 これはとても興味深いお見送りの仕方だ。今まで、「行ってらっしゃい」の後には「きをつけてね~」とか「早く帰ってきてね~」などの…

『賢い犬は"待て"をする。アンポンタンは待てずに怒る。』

☆子どもは宇宙人 例えば、あなたの目の前に突然、宇宙人が現れたらどうするか?その宇宙人はどうやら、あなたの敵ではないようだ。ただ、何を言っているかは、あまり分からない。分からないが、なぜか、妙に憎めない宇宙人である。

「新発見!おとぎの国の娘に話を聴いてもらう方法!」

だから子育ては面白い!そう思えるときってどんな時だろうか? 例えば、新しい気づきや、発見があったとき。子どもは、日々、成長している。休むことなく、毎日、少しづつ。ときに失敗し、ときに成功し、その時々で、いろんなことを学びながら、大きくなって…

『15年先を見すえろ!僕はあえて手間がかかる子育てをする決心をした。』

親が子どもに感情を使って、子どもを手っ取り早く言うことを聞かせようとする子育て、それを僕は『インスタント子育て』と呼ぶことにしました。果たしてこれはいいことなのでしょうか?

『超スッキリ!アドラー心理学の勉強会で仲間に相談したこと。』

☆片付けで子どもに学んでほしいこと。 先日、妻から、『子どもが片付けしない』『アドラーではどうするの?』という質問を受けた。それについて夫婦で考えている。その中で、「片づけをとおして何を学んでほしいのか?」ということについて、自分なりに考え…

『遊んだから片付けるんじゃない、片付けるから遊ぶことができるんだッ!』

夫婦会議で『子どもが片づけしないこと』について話し合った。 family-base-camp.hatenablog.jp 先日の夫婦会議で、子どもの片づけについて話し合った。あれから夫婦会議がまだできておらず、僕たち夫婦の間では結論が出ていない。いや、結論というものは出…

『もしも、息子の野球チームの監督になったら?』

父親としての役割以外に、例えば会社の社長として子供に接する、または、何かの師匠として接する場合どのようにいい関係を気づいていくのか?