読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族会議。~はてなブログ版~

家族の、家族による、家族のためのブログ

パパです。パパです。パパです。。。

パパです。

この前、近所にある大きめのスーパーに行ったとです。
そしたら、「父の日プレゼント」コーナーにお花があったとです。
その中に「クチナシの花」と書かれた花がありました。
クチナシの花、、、口無しの花、、、黙れの花。
これって、「親父はごちゃごちゃ言うな」ってことでしょうか。

 

男はだまってサッポロビール

 

パパです。パパです。パパです。。。


ヒロシです。 麦茶を飲んでいたら「偉そうに!」ッて言われました…

会社で弁当箱を洗いながら思ったこと。

f:id:solidka2yuki:20170525212557j:plain

いつも妻がお弁当を作ってくれています。それで、この間から、お弁当箱を会社で洗ってから持って帰ることにしたんです。今日もお弁当箱を会社で洗いました。それで、洗いながら、ふと思ったことがあったので、短めにまとめてみたいと思います。

僕は朝出るのが速いのですが、妻は頑張って僕と同じ時間に起き(4:15ぐらい)それでお弁当を準備して僕に持たせてくれています。もちろん、「今日のお昼は何かかってくれるかな。」という日もあります。お弁当もすごく張り切って作ってくれる日もあれば、そうじゃない日もあります。

ノリにノッテいる日の弁当。略してのり弁の日もあれば、そんなに乗り気じゃない、落ち気味な弁当、オチ弁もあります。

ですが、早い時間に起きて作ってくれていることにとても感謝しています。

それで、思ったのですが、お弁当がある日もない日も、お弁当がのり弁でもオチ弁でも、僕は妻に感謝ができるということに気づいたんです。もう少し言うと、お弁当がある日は妻のことが好きで、お弁当がない日や、オチ弁の日は妻のことが気に入らない。ということがなくなったことに気づきました。

そんなことを、お弁当箱を洗いながら思いました。

ところで、恋人と夫婦の違いって何でしょう。これも、ふと思ったのですが『恋人は遊園地。夫婦は山道。』そんな風に思います。

恋人と二人で遊園地に行くときって、必ず天気がいい日を選びますよね。それで、たくさんの乗り物や、アトラクションがあり、100%楽しい時間が過ごせます。ウキウキですもんね。恋人と二人で遊園地に行って楽しくないわけがありません。

いっぽう。山道は、上り坂もあれば、下り坂もあれば、平坦な道もある。木陰もあれば、平原もあり、予期せぬ悪天候に見舞われることもある。

苦しいときも、楽しいときも、相手に感謝しながら生きる。それが夫婦だと思ったんです。

楽しいときだけ一緒にいるというのは、恋人ですね。

僕は妻と、お付き合いを始めたのが18の頃。そして結婚して8年になります。まだまだ、歴史は浅いですが、浅いなりにもこの8年間の結婚生活でそんなことに気づいたんだと思います。

恋はロマン。

結婚はリアル。

ロマンチックもいいけれど、リアルだって悪くない。

このデコボコ人生を、一緒に歩いてくれる選択をしてくれた妻に感謝ですね。

弁当箱を洗いながら思いましたとさ。

ーおしまいー

なまけることがみんなのため。

f:id:solidka2yuki:20170523220507j:plain


アリとキリギリスの話って知っていますか?冬がくるまえにせっせと、食料を運んで働いたアリ。それと対照的にバイオリンを弾いて遊んでいたキリギリス。それで、いざ冬をむかえて、キリギリスはとても困ってしまったという童話ですね。

この童話、日本では「キリギリスのように遊んでいるといずれは困ることになる。だからアリのように一生懸命に生きることを選びなさい」という教訓にとらえることが多いと思う。

これは、大学の時に聞いた話だと思うのだが(うろ覚え)フランスでは「キリギリスは確かに冬になって困ってしまったが、自分のしたいことをして生きる道を選ぼう」という意味にとるそうだ。

野垂れ死に上等です。という感じですね。

あなたはどっちを選ぶでしょうか。

さて、アリの話で最近思ったことがあるんです。ちょっと聞いてもらえると嬉しいです。

アリって、みなさんどんなイメージですか?

僕のイメージは「働きアリ」といわれるように、せっせと食料を巣穴に運んでいるイメージがあります。つまりは、働き者というイメージですね。

それで、これもよく言われるのですが、その働きアリの中でも2割は働かないで、のこりの8割がせっせと働くという話って聞いたことがないですか?だから、2割の働かないアリの方が怠けているように思ってしまいますよね。

でも、これって本当に怠けているのか?って思ったんです。

ここで、自然界の状況を考えていただきたいのですが、アリを含めて、昆虫はつねに誰かに捕食される危険性があります。捕食じゃなくても、踏みつぶされてしまう可能性だってありますよね。

つまり、いつ殺されてしまうかわからないのです。

そんな中で、例えば、アリが100匹いて100匹がよく働くまじめな働きアリだったとします。そうすると、100匹のアリ全員に何らかの仕事があり、役割が与えられているということになりますね。

つまり、一匹でもかけてしまうと、そのアリ一族は生活が回らなくなってしまう。そう思いませんか?

僕は最近ふとそんな風に思ったんです。

しかし、実際は2割のアリが働かずに怠けてるっていうじゃないですか?これって本当に怠けてるんですかね。なんかそうじゃない気がします。

どういうことか。それは「2割の怠けアリは8割の働きアリが殺される確率を下げている」という見方もできないでしょうか?

2割の怠けアリには仕事が与えられていません。なので、自分がいなくなっても、アリ一族、全体から見るとあまり痛手にはならない。

ということは、少し悪い言い方をすれば「8割の働きアリのダミー」ともいえるわけですよね。

でも考えようによっては、「自分の命を投げ出して仕事をしない方を選んでいる」という風にも考えられます。仕事をしない代わりに命をかける。自分会えて仕事をしないことで、一族全体の生き延びる確率が少しでも上がる。

2割の怠けアリは、怠けているんじゃなくて

命をかけてなにもしないという仕事をしている

そんな風に思いました。

自分が働きたくないから仕事をしないんじゃなくて

一族全体のことを考えて仕事をしないことを選んでいる。

だから2割のアリは怠けているんじゃないんだと思ったんです。

「2割のアリが怠けている」なんて失礼なことを言ったのはだれでしょうか?そうです、人間です。人間の価値観をアリに押し付けると、2割のアリは働いていないから怠けているってなるんですよね。

大きな仕事をしていればえらい。
お金を稼げる仕事をしていればすばらしい。

でも本当に大切なことってどんな仕事をしているか?ではなくて、どんな心持ちで仕事をしているか?ということではないでしょうか?

自分の命を投げ出してでも種族全体のために、何もしていないことを選択したアリのように。

自分のことだけを考えて仕事をするのか。
他の人のことを考えて仕事をするのか。

大切なのは仕事ではなくて、人間です。

表面から見える価値観ではなく、肝心なのは中身がどうかではないでしょうか。

お金や、仕事の大きさなどの価値観で判断しない方がいいと思います。

だから僕は最後にこう言いたい。

 

アリだけにありのままを見てあげてください。

 

ーおしまいー

親父のいちばん長い休日。の話

f:id:solidka2yuki:20170510111633j:plain


☆子どもと3人で公園に行きました☆

昨日は僕と息子と娘の3人で、近くの公園にい行きました。天気もよかったからか、多くの家族連れでにぎわっていました。その公園は、あまり大きすぎず、かと言って小さすぎることもなく、ほどよい大きさなので気に入っています。

昨日は、カミさんはお友達とランチにいったので、僕が二人の子どもを連れて公園に行ったのです。それで、公園につくと、さっそく子どもたちは遊具で遊び始めたんですね。

☆息子、公園で保育園の友達と会うってよ。☆

公園に着いて遊び始めた子どもたちですが、息子の様子がなんだか変。何かに気づいた様子でした。それで、どこかに走っていったんです。おっと、と思って息子についていくことにしました。

そうすると、息子が向かった先には、同じぐらいの年齢の男の子が2人いたんです。それで、息子に聞いてみると、保育園のお友達だということでした。

そこから息子は男友達と3人で遊ぶことにしたようです。

☆息子、友達とお茶飲むってよ。☆

昨日は全国的にメッチャ暑かったですよね?なので、僕は家からちゃんと水筒をもっていっていたんです。息子の水筒と、娘の水筒。それぞれに氷とお茶お入れ、それぞれ持たせていました。

それで、遊んでいるあいだ、水筒2つは公園のベンチに置いていました。

ちなみに、うちの子どもたちの水筒は、どちらもコップタイプではなく、直接飲むタイプのものです。

公園についてから30分ぐらいたったでしょうか。僕は少し遠くの方から子どもたちの様子を見守っていたのですが、息子とお友達3人が水筒があるベンチの方に向かっていきました。

そのとき、僕は「あぁ、そりゃのどが渇くわな~。」と思ってその様子を離れたところから見ていました。

そのとき、事件は起きたのです。

☆事件は会議室でおきているんじゃない、公園で起きているんだッ!☆

息子とお友達。男3人が、水筒が置いてあるベンチの方に向かっていったのです。それで、大変暑かったせいか、息子はいそいで自分の水筒のふたを開け、お茶をガブガブと飲み始めました。

その様子を見て、「あぁ、いい飲みっぷりやなぁ~」と思っていたのです。

そして、次の瞬間、息子の友達の一人も、同じように水筒のお茶をガブガブ飲み始めたのです。

もちろん、娘の。。。

僕の大切な娘の。。。

その様子をみて僕はこう思ったのです。

「おぉぉーーーいぃぃ!!!お茶ッッッッ!娘のお茶ぁぁぁ!!!」

先ほども申し上げた通り、娘の水筒はコップタイプではなく、直接飲むタイプなのです。ということは、Indirect kiss 関節キッスじゃねぇかぁ~!

いや、まてよ、公園に来てから娘はまだお茶を飲んでいない。だから、今の状態は「関節キッス未遂の状態だ。」

そう思ったのです。

だけど、未遂の状態で終わらせなければ、関節キッスになってしまう。僕はこの関節キッス事件を何とか阻止しなければならない。そう思ったんです。

☆関節キッス未遂事件にどう対応するか?☆

あまりに突然の出来事に、僕はあっけにとられている中、息子とお友達2人はまたどこかに行って遊び始めました。

それで、僕は急いで事件現場に向かったのです。

まずは現場の状況を確認しました。関節キッス未遂犯人は、ここで娘の水筒に口をつけてお茶を飲んだ。そして、何事もなかったかのように、また遊びに行った。

ただ、起こってしまったことはしょうがない。問題は、このことを知らない娘が、「のどが渇いた~♪」といって自分の水筒のお茶を飲んでしまうこと。

その瞬間、事件は

関節キッス未遂から、関節キッス事件へと変わるのです。

これは何としても阻止しなければいけません。事件は未然に防ぐに越したことはありません。

僕は、自分に何ができるのか考えました。その結果思いついたのがこちらです。

1、娘の水筒を水道で洗う。

2、娘の水筒を隠して飲めないようにする。


①の方法は、決して、汚いとかいういみではなく、ただ父親として「関節キッス未遂を未遂で終わらせたい」という意味合いにおいてです。それで水道の水で水筒の飲み口を洗うことで、一度リセットされるというか、ゼロの状態に戻りますよね?

だから、関節キッスはなかったことになります。

ただ、これには問題がありました。実は先ほどから、関節キッス未遂犯のお母さんが、僕の方を見ているのです。だから、この状況で水筒を洗いに行くと、違った意味でとられやしないか?

そんなことを考えました。だから、この方法は却下。

②の方法は、娘の水筒を、僕が背負っているリュックの中に隠してしまい、水筒と娘の距離を話す方法。それで娘には、息子のお茶を飲んでもらうようにすればどうかと考えました。

しかし、この方法も無理がある。娘は自分の水筒を自分でもっえ歩いてきたので、自分の水筒がなくなったことを不思議に思い、おそらく「私の水筒は?私の水筒は?×100」としつこく聞いてくるだろう。

事件を未遂で終わらせるためには、あまりことを大げさにしない方がいい。

これは、事件解決の鉄則だ。だから、僕は警察ではなく、公安のように秘密裏に動かなければならないのだ。

だからこれも却下。

そろそろ、娘はのどが渇くころ、、、時間がない。。。。

父親として僕が取った行動☆

さてどうするか?関節キッスを未遂で終わらせるためにはどうすればいいのか。このまま僕は公安の父親として、だれにも知られず、この問題を解決するためにどうすればいいのか。

このまま、関節キッスを防ぐことができないのか。。。公安の父として自分の力のなさに失望した次の瞬間。

思いついたんです。防ぐ方法を。。。。

それは何かというと、

娘の水筒のお茶を、、、

俺も飲んでしまえぇぇぇ!!!

そうだ、僕も娘の水筒でお茶を飲むことで、どこの誰かも知らない男との関節キッスを防ぐことができるんです。

この方法しかない!そう思い、僕は比較的誰にも見られていない瞬間を見計らって、娘の水筒からお茶を飲みました。

ちょうどのども乾いていたので、ガブガブと飲みました。

そして、何事もなかったかのように、水筒をベンチに戻したのです。

☆こうして親父の長い休日は終わった。☆

僕は、関節キッス未遂を無事に未遂で終わらせることができたのです。僕が娘の水筒でお茶を飲んだことで、意図しない関節キッスを防ぐことができました!!!

あれから、のどが渇いた娘は、水筒からお茶を飲んでいました。ガブガブおいしそうにお茶を飲んでいました。

何も知らない娘は、お茶を飲んだ後、また元気に遊び始めました。

こうして、何事もなく平和に遊ぶことができたのです。

しかしまぁ、一瞬のことでしたが、すごく長い時間に感じました。

今までで一番長く感じた休日かもしれません。

娘を持つ一人の父親としてね。


ーおしまいー

アサドリのブログ95「僕のアドラー心理学には師匠がいてくださる。」

f:id:solidka2yuki:20170520065247j:plain


おはようございます。
今日は土曜日。仕事は休みです。ですが、なんだか、土曜日という気がしませんね。なぜかというと、この木曜日に保育園の遠足にいったからです。

 

family-base-camp.hatenablog.jp

 

休みを取って子どもたちと遊びに行ったということなので僕の気持ちの中で、木曜日が日曜日のような気になっていて、今日は平日のような気がしています。

調子くるうわ~。

それで、僕はいつも電車で通勤しています。そのときに、本を読んでいるのですが、出社のときはたいていアドラー心理学の本。帰宅時はアドラー心理学じゃない本を読んでいます。

アドラー心理学の本は野田俊作先生の書かれたアドラー心理学の本を読んでいます。

 

 

勇気づけの方法 (アドラー心理学を語る4)

勇気づけの方法 (アドラー心理学を語る4)

 
性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

 
劣等感と人間関係 (アドラー心理学を語る3)

劣等感と人間関係 (アドラー心理学を語る3)

 
グループと瞑想 アドラー心理学を語る

グループと瞑想 アドラー心理学を語る

 

 

 

それで、今日はお休みなので電車には乗っていません。なので、今は電車に乗っていないので、野田先生の書かれたアドラー心理学の本を読んでいないのです。(笑)
では何をしているかというと、野田先生の講演を録音したものをPCで拝聴しながら、このブログを書いています。

これがめちゃめちゃ面白いですね。

ちなみに、野田俊作先生って関西弁なのを知っていますか?野田先生の本は対話形式で書かれているものもありますが、本ではわからないですよね。それで、初めて野田先生の講演を聴いたときは意外でした。ただ、僕は関西圏に住んでいるので、すごく親しみを持つことができました。

それで、今、拝聴している講演音声も関西弁でしゃべられています。野田先生はとてもユーモアたっぷりにお話をされるので、1時間以上ある講演音声も、とても面白く聴くことができます。

この講演の音声データなのですが、僕が参加しているアドラー心理学の勉強会で、ほかのアドラー仲間の方からお借りしたものをPCに入れたものです。

こういうのってすごくいいですね。グループに参加して、仲間の皆さんがいることのご利益を頂いています。

これは、自分一人で勉強するだけでは得ることができないご利益です。ありがたいですね。

そういえば、先日、僕の妻がこんなことを言いました。

「最近は、インターネットがあったら先生はいらないね。」

これを聞いた僕は「あぁ、なるほどなぁ」と思いました。というのも、これを妻が言った状況というのが、フェルトかなんかで子どもの遊び道具を作るときの作り方をネットで調べて、いとも簡単にその方法が出てきたときに言った言葉なんです。

確かに、今の時代、ネットでなんでも知ることができます。

そういった意味で、知りたい情報はネットでなんでも知ることができるこの時代は、なにかを教えてくれる先生はいなくてもいいのかもしれません。

ただ、僕が思うのは、「インターネットは先生の代わりになるかもしれないが、師匠にはなってくれない。」そんな風に思いました。

師匠。僕の中で、野田先生は先生というより、師匠という感じです。僕は毎年、野田先生の講演に行かせていただいています。そして、野田先生が作り、広められた自助グループアドラー心理学の勉強をしています。

ということは、実際、その場その場の空気で学んでいるということです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、僕の言葉で言うと、「空気の中で学ぶ」ということなんです。

例えば、本や、ネットだと、目や耳だけを通した学習方法になると思うのですが、空気の中で学ぶと、目と耳だけでなく、五感をフルに使った学習法になると思うんです。

空気で学ぶ。五感をフルに使う。

それはインターネットという先生にはできないことなのではないでしょうか?

 

インターネットの先生といって思い出される方が一人いらっしゃいます。それはグーグル先生です。この先生は、何かを聞けば、さまざまな情報を僕たちに教えてくれますね。

グーグル先生は確かに物知り先生だと思います。しかし、グーグル先生は先生であって、師匠にはなってくれません。

師匠ってその方の雰囲気というか空気というか、そういうものが、ありありと思い浮かべることができる存在だと思うからです。

だから、たまに映画などで主人公がピンチになったときにこういうセリフがありませんか?

「こんなとき、師匠ならどうするだろうか?」

あれって、主人公の中で、あたかも隣に師匠がいてくれるかのように、すぐにアドバイスももらえるかのように、師匠の存在を身近に感じれている状態なんだと思うんです。

これって、グーグル先生でも成り立つのでしょうか。

自分がピンチになったときに

「あぁ、こんなときグーグル先生ならどうするだろうか?」

なんてことがあるのかなぁ。。。

何が言いたいのか?まとまりませんが、そろそろ、整理したいと思います。

つまるところ、野田先生という師匠がいてくださって、その教えのご利益を受けて、幸せな子育て、幸せな家族生活が営めているという気がしています。

最後に師匠が作られた「勇気づけの歌」の一つをご紹介したいと思います。

 

師匠の恵みで人は生きている
知っているのは習ったことばかり
すべては誰かが教えてくれたこと
それらが知恵と力になっている(23)

 

ところであなたにもステキな師匠がおられますか?

今日も幸せな一日を選択できますように。

息子(5歳)からの質問「変態ってどういう意味?」

f:id:solidka2yuki:20170518164401j:plain



5歳になる息子はよく質問をしてくる。5歳児というと日々いろんなものを吸収している年齢だ。それで、日々いろんなことを僕や妻に聞いてくるのだ。それで先日の質問がこれだった。

「ねぇねぇ、変態ってどういうこと?」

変態ってどういうこと。。。。変態。。。。

実に興味深いテーマだ。

変態は奥が深い。。。息子よ。変態というのはお前が思っているよりも奥深い世界なんだなぁ。

それで、僕はとっさに頭の中で考えた。変態といっても二つの意味がある。一つは性的趣向の意味での変態。もう一つは昆虫がさなぎから成虫になることを示す変態。

息子はどっちの意味で言っているのか?

こんなとき、僕はこう聞き返すことにしている。

「変態かぁ。それっていつ誰がどこで言ってたの?」

これには、もちろん、「昆虫の意味での変態であってくれ」という願いがこもっている。性的趣向を示す変態を説明するには、もう少し時を経ねばならないだろう。

息子から帰ってきた答えはこうだった。

「保育園で○○ちゃんが言ってた。お父さんがおウチで裸んぼだったんだって!」

 

・・・・・・性的な意味か!

 

「それで、○○ちゃん、お父さんに変態って言ったんだって!」

ドラえもんで言うなら、のび太がどこでもドアで、しずかちゃんのお風呂に行ったときに言われるセリフ、、、そう、、、

「キャァァァ!のび太さんのH(変態-Hentai-のH)!!!!」

Hのほうの変態だったかぁ。。。

それで僕に問われている質問。「変態ってなに?」

息子よ、、、今日は長い夜になりそうだ。。。

☆さあ、これから「変態」話をしよう。☆

「変態ってなに?」これは5歳の長男からの質問だ。それで、一つ説明しておくべきことがある。それは、僕にはもう一人子どもがいて、3歳の娘という事実をお伝えしておきたい。

なぜかというと、娘から「変態」とか「気持ち悪い」とか「くさい」とか「うざい」とか「ダサい」とか「向こうに行って」とか「洗濯物は別で洗って」とか「お父さん会わせたい人がいるの」とか「私この人と結婚します」など。

娘を持つ父親である以上、そういうことを娘から言われるのって

決して、他人事じゃないんですよね。

だから、例えば、僕が変態の意味をマイナスのイメージで伝えてしまうと、今後、○○ちゃんのお父さんが悲しい思いをするのではないか?そんな風に思ってしまった。

そして、未来の僕も傷ついてしまうことになりかねない。

だから、性的な意味での変態と、昆虫の意味での変態。これの中間的な意味での変態を説明することにした。

性的な変態のいいところと、昆虫の変態のいいところを取った「ちょうどいい変態」というわけである。

☆「変態」について僕が息子に話したこと☆

そういえば少し前に読んでいた「昆虫はすごい」という本に変態について書かれていたことを思い出した。

その中で変態についてこうある。

 

昆虫の多様化に大きな影響を及ぼしたのは変態である。変態とは、成長の過程で姿形を変えていくこと。つまりは変身である。

著名:昆虫はすごい P24

 

僕はこう切り出した

父 「変態って普通じゃないことなんよ。」

息子「どういうこと?」

父 「例えば、仮面ライダーだってそうじゃん、普通の人間の状態からかっこいいエグゼイドに変身するじゃん」

息子「うん。」

父 「普通の状態から特別の状態に変身すること。それが変態なんよ!」

息子「ふーん。」

息子をいい感じに納得させた僕は心の中でこう思った。

(やったぜ!レベルアーーーーップ♪ by仮面ライダー エグゼイドより)

その次の瞬間、息子からこんな言葉が出た

息子「じゃあ、裸んぼが特別なん?」

父 「・・・・・。なんせ、普通じゃないことが変態なんよ!」

裸は特別じゃない。ある意味で特別かもしれないが、人間である以上、ちゃんと服を着なければいけない決まりになっている。

裸で町中をうろうろするわけにはいかない。

僕は半ば強引にこの話をこうして締めくくったのだった。

☆変態についてまとめ☆

昆虫たちは、幼虫から脱皮を重ね、サナギになり、その殻を自らの力でかち割って、大空へと羽ばたいていく。

つまり、昆虫たちは、それまでの自分を脱ぎ捨てることで、大きく飛びたち、新しい自分を完成させていくのだ。

いつからだろう。僕たちは衣服で自分を着飾るようになったのは。衣で身を包まないと歩けないようになったのは。

人生で大切なのは着ることよりもむしろ脱ぐことの方が大切だ。

得るよりも、捨てることの方が大切だ。

捨てることで僕たちは、新しいものを得ることもできるし、身軽になれる。

現代の僕たちは、さなぎという自分の殻に閉じこもったままの存在だ。

僕たちは変態するべきだ。もっと自分の殻を破るべきなんだ。

「変態ってなに?」

息子よ。変態ってのはなぁ、、、

今までの自分を脱ぎ捨てて

新しい自分になって羽ばたくことなんだよ!

そして、そのときなんだよ。

一人前の大人になれるのは。。。。

息子よ、、、

○○ちゃんのお父ちゃんのように、さなぎを脱ぎ捨てて裸んぼになろうぜ!

それについては、また今度説明することとしよう。

f:id:solidka2yuki:20170518165750j:plain

ーおわりー

アサドリのブログ94

f:id:solidka2yuki:20170510111633j:plain

おはようございます。
今日は子どもたちの保育園の遠足です。ということでみんなで遠足に行ってきます。子どもたちが普段、どんな様子でお友達と遊んだり、しているのか。見せてもらういい機会だと思います。

朝ご飯も食べて準備も整いました。もうすぐ出発です。昨日の夜は土砂降りの雨が降っていましたが、天気も回復し、よかったです。

それでは、もうそろそろ行ってきます。

今日も幸せな一日を選択できますように。