アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

『なぜ、あなたは結婚できないのか?幸せな結婚をはじめる方法!』

f:id:solidka2yuki:20170704165159j:plain

 

僕は、結婚してから8年が経ちました。僕は今年で34歳。妻とお付き合いを始めたのが18歳のころ。なので、出会った期間から言うと、8年が経ちますね。

小計、16年です。。。

それで、僕がフォローしているはてなブログ、またツイッター界隈で、『結婚』についての話題が多く流れてきていました。

なので、今日は、僕が思う結婚についてのあれこれを書いてみようと思います。

f:id:solidka2yuki:20170704165606j:plain


☆嬉し恥ずかし♪僕が結婚に至るまでのあれこれ箇条書き。。。

 

・高校の時、野球部のマネージャーから現在の妻を紹介される。

・違う学校に通っていた一つ年下の女の子が当時の彼女で現在の妻。

・お互い、真面目な性格なので、お付き合いを始めたころから、なんとなく結婚は意識していた。

・今思うと、結婚してからの生活は頭になく、ただ、『目の前のこの人』と結婚したいと思っていた。

・そんなころ、ボク、通っていた大学を中退しブラジルに旅立つ。

・無事に帰ってくる。

・大学をやめてブラジリアン柔術のインストラクターになる。

・結婚する。

・現在の職に就く。

・合わせて、初心者向けに、細々と護身術を教えている。

・ゆくゆくは子どもたちに護身術を通して勇気づけをしたいと模索中(VALUの使い方が知りたい。)

 

っと、まぁ、だいたいこんな感じです。


☆もしも、僕がいま独身だとしたら。。。

f:id:solidka2yuki:20170704165636j:plain

もしも、僕がいま独身で、しかも結婚をしたいと思っていたらどうするでしょう。今の自分が、独身の自分に対してどんなアドバイスをしてあげるでしょうか?

1、とにかく出会いの場に行きなさい。

2、結婚とか恋愛は抜きにして仲良くなりなさい。

3、仲良くなったら、さらにその娘のいいところをもっと探し、見つけていきなさい。

この3つのステップです。

これができると、結婚というスタート位置につけると思います。特にステップ3まで行けると、つき合っているという状態と言えるのではないでしょうか?

問題は、というか課題は、この段階からどうやって『結婚』という最終ステップに踏み込めるか、ですよね?

それについて僕が考えたことがあります。それは、世間で思われている結婚に踏み込む際のイメージとは真逆だと思います!

どういうことか説明しますね。


☆僕が思う!結婚するときの大切なたった1つの考え方

f:id:solidka2yuki:20170704165711j:plain

あなたは、「結婚する」というときって、そのお相手である彼氏彼女に対してどんな感情を持っているでしょうか?

おそらく

ワタシ、にはこの人しかいないッ!!!!!』

こんな感じでしょうか?

よくある、恋愛ドラマの縮図ですね。つまり、

こういう相手が現れるまで結婚しないことを選んでいる。
もしくは、相手に対してこのように思えるまで結婚しないと決めている。

しかし、これって、どう思います?

どう思います?って言われても困りますよね(笑)

要するに、これって

『運命の人』っていうことだと思うんです。

この世のどこかにいる、自分にとって特別で、完璧な唯一無二の結婚相手。。。

そういう相手を『選んで決める』わけですね。

世界中でたった一人の彼氏彼女を選んで決める。

ですけど、これって考えてみてください。

ちょっと幼稚だと思いませんか?

この考え方で結婚をしようとすると2つ問題点があると思います。

1つは、そんな結婚相手になかなか出会えないこと。

2つめは、それで無事に結婚したとしても、「こんなはずじゃなかった。。。」と思いやすいこと。

なぜかというと、『相手に理想を求めているからです』

これは、34年の人生経験で分かったことなんですが

理想の相手なんてこの世にいませんッ!

これは、夫婦はもちろんのこと、会社の上司や部下、友達、そして子どもに至るまで、理想の相手なんて一人もいないんです。

あっ、唯一いるとしたら、僕やあなたの頭の中にはいますよね。

ですが、現実にそんな理想の人なんていないんですよ。

頭の中の理想の相手と結婚すると、現実にいる旦那さん、奥さんは、理想とは程遠くなります。それは、結婚して、家族になり、お互いのことをより深く知ろうとすればするほど、理想とかけ離れていきます。

すみません、長くなりましたが、じゃあ、結婚するということをどうやって考えていけばいいのか?

それは

 

ワタシは、この人以外を選択するのをやめる。』

 

と考えればどうでしょうか?

このニュアンスって伝わりますか?

前者は、『僕、ワタシには、この人しかいない』= オンリーユー状態となっています。

後者は、『僕、ワタシは、この人以外を選択するのをやめる』= One of manyつまり、たくさんの中の一つという態度ですね。

確かにわかるんですよ。前者の恋愛スタイルをとってしまう気持ち。そういう方が、『恋をしているッ!』と実感できますよね?

だけど、それをしていいのは10代までだと思うんです。つまり、『結婚』について考えなくてもいい年代ですね。

結婚について考えて付き合うなら、後者が断然いいと僕は思います。つまり、目の前の相手に対してこんな風に考えるんです。

 

『確かに、今までにもっといい相手はいた。そしてこれからももっといい相手が出てくるかもしれない。そして、今、目の前にいるこの人は、完璧じゃないかもしれない。だけど、いいところもたくさん持っているってことをワタシはよく知っている!だから、過去にも未来にも、目の前の、この人以外と恋をするのはやめよう。』

 

このように決心できたときに『結婚する』のがいいと思うんです。

その理由は二つあり、

1つ目は、結婚に対するハードルが下がる。

2つ目は、結婚してからも、さらに良い夫婦関係が築いていきやすくなる。

そう思います。

現在、結婚したいのに相手がいないという人の根本的な課題って

『理想の相手』

が頭の中にいるということだと思うんです。これは、年齢を重ねれば重ねるほど、理想の相手像がより深く濃く、鮮明になっていきます。

バーチャルリアリティーの世界みたいですね。

そろそろ、理想に生きるのはやめて、現実のこの人と幸せになりませんか?

 

結婚だけがすべてではありませんが、

あなたがよい人生を歩まれることを願っています。

 

ーおしまいー