アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ36

 

f:id:solidka2yuki:20170303071420j:plainおはようございます。

今朝は、少し寒いですが
もう前ほど風に冷たさがありませんね。
着ている上着もそろそろ
少し薄いものに変えようか?
そんなふうに思うほどです。
電車の中もそれほど寒くないので
明日からそうしようかな。。。
あっ、明日は休みか。

昨日の続き。

昨日は、ボクは童顔に見られると書きました。
現在、34歳ですが、なかなかそうは見られず
若く見られるんです。

今日はそれが必ずしも悪い事ばかりではない

と思った話。

エピソードも昨日の続きなのですが
僕はおとといの3月1日が結婚記念日だったのです。

それで、仕事の帰りにお花屋さんで
お花でも買って帰ったら妻が喜ぶかな?と思い

普段はなかなか縁がない花屋さんに寄ったのです。

そこで、童顔ゆえ結婚8年目の34歳にして

新婚さんに間違えられる

というエピソードを話しました。

その続きで
お花を買ってから
家まで帰る帰り道でのお話です。

僕は、自宅から駅まで自転車で通っています。
そして、おとといは仕事が終わり
駅に到着したのは17時30分でした。

だから駅からお花屋さんまでは自転車で行ったのです。

すると当然、帰りも自転車ですよね。

お花屋さんでは、お花をブーケ風にしてもらったのですが
そのブーケは自転車の前カゴに入れて持って帰ることにしました。

今の時分はだいぶ日も長くなっており
17時30分といってもあたりは明るいのです。

そんな中を、34歳の男が自転車に花束を乗せて走っている。

テンション高めで(笑)

しかもこんな歌を口ずさんでいましたから

愛を込めて花束を~♪

大袈裟だけど受けとって~♪

すると、どうなるでしょう。

何だか見られている気がする~!!(笑)

すれ違う人、車で横を通りすぎる人、
お店のウィンドウ越しに感じる視線。

すべての視線を集めている気がする。。。

「あの人花束もってどこ行くのかな?」

そう思われている。

これは恥ずかしい。

なぜ恥ずかしいのか。
多分、違和感を持った視線で見られるからだと思う。

例えばこれが、黒霧島をカゴに入れていても
何の違和感もないわけですよね?

34歳のオッサンが黒霧島をカゴに入れて
テンション高めで自転車をこいでいる。

なんの違和感もない(笑)

むしろ

しっくりくる!(笑)

だが、それが、花束だから違和感があるんですね。

違和感がある視線を感じるんですっ!

おぉぉぉ!考えれば考えるほど恥ずかしい(//△//)

ん??でも待てよ。。。

僕は思い出しました。

自分が童顔であることを!

いや、、、

 

童顔の中の童顔!

 

すべての童顔の産みの親ぁぁぁぁ!

 

ジャスティーーーース!!!

 

であることを。

そして、今がちょうど

卒業シーズンであることを!!!

  • 童顔
  • 卒業シーズン
  • 花束

この3つが合わさったとき

僕が自転車の前カゴに花束を入れている

正当な理由が見つかったのです!

それは、こういう事です

「あぁ、あの子は今からお世話になった先生に

花束を持ってお礼を言いに行くのか。

なかなか感心するなぁ~。」

そうか!みんなそういう目で
僕を見ているのか!

そう思ったら、僕はとても安心しました。

そして口ずさむ歌を

仰げば尊しに変更しました。

仰げば~♪

尊し~♪

我が師の恩~♪

 

どうやら童顔は
花束と相性がいいらしい。

 

今日も幸せな一日を選択できますように。

 

 

霧島酒造 黒霧島 25度 1800ml
 
霧島酒造 黒霧島 25度 瓶 720ml

霧島酒造 黒霧島 25度 瓶 720ml

 
霧島酒造 茜霧島 25度 900ml

霧島酒造 茜霧島 25度 900ml