アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ89「人生の英才教育」

f:id:solidka2yuki:20170503035407j:plain


おはようございます。
久しぶりにTSUTAYAでCDを借りました。旧作なら10枚で1000円という安い値段で借りられます。なぜ、久しぶりにCDを借りたか?というと、車で聞くCDがここのところずぅーと一緒だということに気づいたからです。家族で車に乗り遠出をすると、どんな音楽を聞くか?ということって重要になってきますよね?どんな音楽を聞きながら運転をするか?ということは、気分を上げる意味でも重要ですね。


我が家で普段聞く車中BGMは、竹原ピストルや、イースタンユースです。竹原ピストルさんは現在人気急上昇ですよね!テレビなんかにもいっぱい出ているし、映画にも俳優として出演していますね。

そういえば、今年は竹原ピストルさんのライブに行く予定です。この前チケットを取ることができました。最近すごく人気なので、入手できないかなぁ。。。と思っていたけど入手できてよかった!

そして、イースタンユースもよくライブに行きました。ボーカルの吉野さんがソロで活動されている「歌の番外地」も行きました。イースタンユース大好きです。
そういえば、上の子がまだおなかにいるときに、胎教としてイースタンユースを聞かせていました。普通、モーツアルトとかをおなかの赤ちゃんに聞かせるといいっていいますよね?だけど、我が家はイースタンユースを聞かせていたのです。

例えばこんな曲。


eastern youth - 街はふるさと

さまよえば足元今日もフラフラ
歌は今日も涙と風のその声だ
人間万事グラグラ
地平の果て決して届かぬ虹が架かっている
まるで陽炎のように

 お腹の赤ちゃん(息子)も最初はびっくりしたかもしれませんが、僕はこれを

人生の英才教育

と呼んでいました。

モーツアルトじゃ人生は語れねぇ~よ。

その影響か、息子は車で聞くイースタンユースが大好きです。(笑)イースタンユースの「ボトムオブザワールド」というアルバムを聞いているときでも、CDに合わせて一緒になって歌うこともありました。

例えばこんな曲


eastern youth「街の底」ミュージックビデオ

泣きながら産まれてきた俺達 意味なき故の価値に輝いて
訳も分からずただ歩き出した 訳も分からずただ喋り出した
いつしかその涙は否定され それからその泣き声も奪われた
意味なき故の価値を見失い 価値なき故の意味なき命か

 息子はこの歌の

街の底ぉぉぉぉ~

にぃぃぃげぇぇぇぇてぇぇぇぇ~

というところをシャウトして歌っていました。すっかりお気に入りの曲ですね。

どうやら、僕の英才教育は成功したようです。

今日も幸せな一日を選択できますように。