アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ76

f:id:solidka2yuki:20170414072033j:plain



おはようございます。
今日は朝も暖かいですね。
昨日は朝が寒かったですが日中は暑いくらいでした。
なので、今日は朝から暖かいので
日中はもっと暑くなるでしょう。

僕は電車で通勤しています。
電車の中ではだいたい本を読んでいます。
朝、通勤するときはアドラー心理学関係の本。
そして、帰宅するときはアドラー以外の本を読みます。
それで、最近読んでいた本がこちらです。

f:id:solidka2yuki:20170414072147j:plain


スペクテイターVol38 赤塚不二夫 です。

僕は、スペクテイターが好きで新しく出たら毎回購入をしています。
この本は、毎回いろんな面白いテーマを取り上げています。
それで読むたびに自分の頭の中がアップデートされるというか
何かしらの発見があり、非常に面白く読ませてもらっています。

それで、今回は一冊丸ごと赤塚不二夫特集でした。

僕は、赤塚不二夫さんのことはもちろん知っています。

しかし、リアルタイムで「バカボン」とか「おそ松くん」を見ていたかというと

みていない世代ですね。

確か、「バカボン」の再放送はみたような記憶があるのですが
「おそ松くん」や「もーれつア太郎」などはどんな話か知らないです。

あっ、でも「おそ松おんどでよよいのよい♪」っていう歌が頭の中に浮かんできたので
おそ松くんは見たことがあるのかな。。。

まあ、なんせ、赤塚不二夫を知っているギリギリの世代であることは間違いないかもしれません。

今は「おそ松さん」がヒットして再ブレークしており、
また「バカボン」も再放送されています。

ただ、赤塚不二夫さんという方がどんな方なのかを知ることは

もうないのではないでしょうか。

それで、僕は、昨日、この本を読み終えたばかりなのだぁ!

またゆっくり、この本をふりかえり感想を書いてみたいのだぁ!

だから、今は、特に印象に残ったところをご紹介するのだぁ!

軽井沢ムササビ事件「ムササッ!」】

①赤塚の珍芸。タモリらと放送作家高平哲郎軽井沢の別荘で、
赤塚が余興として雪の中パンツ一丁で木に登って「ムササビッ!」
と叫んで飛び降りた。ところが木が低くて「ムササッ!」で着地し強打。
駆け寄ったメンバーに「ビッ」と言って倒れた。

スペクテイター VOL38 赤塚不二夫 P229

 

わしはこれを電車の中で読んでいたのだぁ!

ツボにはまって吹きそうになったのだぁ!

周りの人から変な目でみられたかもなのだぁ!

だけど、、、

これでいいのだぁ!

今日も幸せな一日を選択できますように。

 

今度は漫画も読んでみたい!

 

スペクテイター〈38号〉 赤塚不二夫

スペクテイター〈38号〉 赤塚不二夫

 

 

 

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)