読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族会議。~はてなブログ版~

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ50

アサドリのブログ

f:id:solidka2yuki:20170318063844j:plain

おはようございます!
今日は、土曜日、会社はお休みです。なので、普段なら電車の中でこのアサドリのブログを書くのですが、今日は自宅のパソコンからお届けしています。
さて、今日は、息子の保育園の卒園式です。息子は年中さんなので、お兄ちゃんやお姉ちゃんを送り出す側です。ですが、来年の今頃は、保育園をを卒園する方に回っています。

一年が経つのは本当に早いなぁって思います。同じ一年なんでしょうけど、最近なんだか早いです。これは、子どもがうまれてなのかなぁって、うすうす思っているのですが、どうなんでしょう。過去の自分んい戻って比べることができないので、わかりませんね。

だけど、子どもができてから。とりわけ、30歳になってからの1年間のスピードってすごい早く感じるんです。感覚だと、3か月ぐらい早い気がします。それは、去年の12月末に思いました。。「あれ、なんか、まだ、9月のような、気がするよ。。。」いっこく堂みたいですが、ほんとにそんな感じです。

「カレンダー通り」という言葉があります。その言葉の通り、カレンダーにしががって一年は経過しますよね。だけど、僕の体内カレンダーでは、去年の12月の段階で、まだ9月のままだったのです。

なんだか不思議な感じ。

そうこう言っていたら、もうすぐ4月なんですよ!信じられますか?今年1年も早いんだろうな~。と思いつつ、もうすぐ4月が来ます。

このギャップってなにか?って考えてみると、おそらく、子育てだと思うんです。子育て中のかたって、1年経過するのが早いっていう人が多いんじゃないでしょうか?
これがなぜなのか?いくつか理由があると思うんです。

理由1:子育てで毎日が慌ただしくも楽しいので、1日過ぎるのが早いため、1年がたつのが早い。

理由2:子どもたちの成長スピードが速いため、大人がそれについていけず、誤差を感じる。

理由3:子どもができると、毎日の生活が規則だたしくなり、一日が代り映えしないため早く感じる。

パッと思いつくのがこんな感じです。

僕が考える、1年が早く過ぎることに関する理由に共通しているのは「子ども」ということだと思います。

僕自身は、自分の子育てがすごく充実しているし、楽しいものだと感じています。それは、一つは、仲のよい家族の雰囲気を作れているからだと思います。なぜ、仲の良い雰囲気の家族を作れているかというと、まずは、自分自身の態度や言動を、常にチェックしているということがあると思います。つまり、僕自身は家族の中でのポジションとして「強圧的な父親」ではないということです。
 
 少なくとも、そのように心がけて暮らしているし、どちらかというと、僕自身は物腰やわらかいタイプなので、家族にかかわらず、よそ様に対しても強圧的なのは苦手です。
 だから、強圧的ではなく協力的に家族の中で立ち回りたいと思い生活をしています。

 もちろん、何かに対して「イラっと」することはあります。ですが、その感情をそのまま表現せず、努めて冷静に、自分の考えを相手に伝える努力をします。

そうしていると、家族に僕のことを「仲間だ」と思ってもらうことができるので、今現在は、僕は家族の一員として幸せに暮らせているし、僕自身も妻や、二人の子どもたちのことを信頼し、仲間だと感じています。

お互いがお互いのことを仲間だと思い、助け合って生きていく。

だから、いろいろあるけれど、毎日の家族との生活が充実していると思うし、楽しいと感じています。それで、一人が過ぎるのが早いと思うのでした。

僕を受け入れてくれている家族のみんなに感謝しつつ

あっというまに大きくなっていく子どもたちとの時間も大切にしたい。

そう思う休みの日の早朝でした。

 

今日も幸せな一日を選択できますように。

 

*1

 

family-base-camp.hatenablog.jp

 

これらの記事はシェアしていただければ嬉しいです!

お忙しい中、クリックするお手間を取らせてしまい

誠に申し訳ないのですが、何卒、よろしくお願いいたします。(笑)

 

*1:こちらは今朝ほど書いた記事です。よかったら覗いてみてください!