アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ49

f:id:solidka2yuki:20170317082705j:plain


おはようございます。
今日は寒いです。冷えています。
天気は良さそうで、星もきれいに見えるのですが
いかんせん寒い。
暖かくなったり、寒くなったり。
これを繰り返しながら春になるのですね~。

今月は、息子と僕、親子で新しいことにとりくみます。
一つはスポーツチャンバラ
もう一つは、段ボールで迷路を作るイベントです。

スポーツチャンバラは、前々から興味があり、家の近くで活動しているチームがあったので、そちらの見学に行って見ます。今週の土曜日ですね。あっ、気づけば明日か。(笑)

段ボールでつくる迷路は、そのスタッフに携わる人からお誘いを受けました。なので息子に参加したいかどうか聞いてみたところ「参加したい!」とのことなので、一緒に参加することにしました。

僕は、スポーツチャンバラもやったことがないですし、段ボールで迷路をつくることにも参加したことはありません。

なので、どちらも初めての経験です。

すると当然、そこで、出会うであろう人たちとも、初めて会うことになります。

こどもと一緒に初めてのことを経験するって、いいことなんじゃないかな?って思うんです。

これは二つあると思っていて

一つ目は、技術を一緒に習得できるということです。
これは、例えば、スポーツチャンバラなら、ゲームに勝つためのテクニックを、先生から教えていただくことになります。
こどもと一緒に0から技を覚えるということ経験はすばらしいものだとおもいます。

二つ目は、初めての出会う人や集団に対して、親である僕の接っしかたを、こどもには近くで見て学んでほしいなと思います。

例えば、段ボールでつくる迷路のイベントなら、一緒に作業をするであろう、ほかの親子の方とは初対面です。初対面の相手と、どういうふうに距離を縮めて、どういうふうに、仲良くなり、どういうふうに、「してほしいこと、やめてほしいこと」というような、こちらの意図を伝えていくのか?

こういう、「対人関係で身につけておくと便利なこと」を、こどもには、近くで見て学んでほしいなと思っています。

「こうすると、他の人と仲良くなれるんだ。」

とか

「なるほど、こういうふうに協力していくんだ」

とか

「他の人には、こういうふうに自分の意見は伝えるんだ。」

など。

対人関係に関することって、なかなか言葉では伝えられないと思います。

それは、実際に見てもらうのが早い。

こどもたちはこれから

「初めて」をたくさん経験していくことになります。

その時に避けて通れないのが対人関係。
つまり、他の人とどのように協力し
よりよい関係を築いていくか?

こどもは、お稽古ごとの先生や、保育園の先生から、日々いろんなことを教えてもらうと思います。

それで、僕からは、人間関係をよくする技術を見て、感じ取って学んでほしいなぁと思います。

 

新しいことを始まる春に。

 

今日も幸せな一日を選択できますように。