読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族会議。~はてなブログ版~

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ35

f:id:solidka2yuki:20170302084320j:plain


おはようございます。
今日の天気はどうやら雨模様。
その分気温は暖かいので
寒くないのがいいですね。
季節の変わり目は雨が多くなります。
なのでこの雨が雪をとかし
春の草花を咲かせるための
水となるかもしれませんね。

さて、現在、僕は33歳です。
今年の誕生日で34歳となります。
あいにくSNSに顔写真は公開していないので
皆さんにはお伝えできないのが残念なのですが

僕は童顔なのです(笑)

もうすぐ34歳には見えないとよく言われます。

ただ、

若く見られる

ということも良し悪しで
女の人にとってはすごくいいことかもしれませんが
男にとってはいいことなのか?悪いことなのか?

まぁ、年相応に見られたいという気持ちは
なきにしもあらずですね(笑)

それで、僕がこれまでの生きてきた中で

童顔エピソードってたくさんあるんです。

例えば、一昨年の話。

会社の社長に
「コンビニ行くのならタバコ買ってきてくれ」
と頼まれました。
買い物に行くついでだったので喜んでお引き受けしたのですが

僕はタバコを吸いません

なので、タバコの買い方になれていないので
間違いのないようにタバコの銘柄をしっかりと聞いて
いざ、コンビニへ向かいました。

そしてレジにて慣れない感じでタバコを注文したのですが

レジのおばちゃんに

「若そうだけど、、、大丈夫?」

見事に止められました(笑)

大丈夫?ってなんやねん(笑)

いや、若干買い方に慣れていなかったのは認めます。
そして、僕が若そうに見えたのはいいとしても

30のおっさん捕まえて二十歳以下に見えるか?(笑)

という感じで

「いやいや、もう32歳ですよ?」

 といって免許証を見せようとしたところで

ご納得頂けました。(笑)

こんなエピソードがいっぱいあるのですが、

それこそ昨日。
そこまで大間違いはされていないけど
プチ若く見られたエピソード

略してプチ若がありました。

それは、昨日、花屋さんでお花を買っていたときの事です。

昨日は結婚記念日だったので
妻にお花でも買って帰ろうかと思い
花屋さんに寄ったのです。

普段、花屋さんなんか行かないので
これまた、慣れない感じで
女性の店員さんと話していたんですね。

店員さん「お誕生日か何かですか?」

若「今日は結婚記念日なんですよ~」

店員さん「2年目ぐらいですか?」

若「いや、8年目です。」

店員さん「・・・・・・・・・・お花はどんな感じにしますか?」

いやいや、

間があったやんっ!

えっ!新婚さんじゃないの?っていう

間があったやんっ!

しかも、間があったことを

なかったことにしたやんっ!

でも、幸いなことに

お花を買うことを止められはしませんでした。(笑)

結婚記念日にプチ若く見られたというお話でした。

 

今日も幸せな一日を選択できますように。