アドラーパパの家族会議。

家族の、家族による、家族のためのブログ

子育ては14歳で終わり。という話

f:id:solidka2yuki:20170210145720j:plain

去年、野田先生の講演会に行来ました。

その中で、こんなことをおっしゃられていました。

子育ては14歳で終わり

僕はけっこう衝撃を受けたのですが
みなさんはどう思われますか?

衝撃といっても、いい意味での衝撃です。

衝撃を受けたということは
それまでの僕は別の考えがあったということです。
前からあった自分の考えが裏切られたから
野田先生のおっしゃられることに衝撃を受けたのです。

じゃあ、野田先生のお話を聞くまではどうだったのか?というと
子育てが終わるのは

子どもが巣立つまで

と思っていました。

巣立つまでというのは、具体的に考えてみると
子どもが自立して家を出ていくまで。
ということだと思います。

子育ては14歳で終わり

ということ言葉は
講演の中の質疑応答の時間におしゃられた言葉です。
他の参加者の方が質問された内容の答えのなかで

この言葉に出合えました。

講演の主題が「子育ては14歳で終わり」という内容ではなかったため
この言葉の真意は自分で探すことになるのですが

それで僕が思う「子育ては14歳で終わり」の意味は
子どもは14年間で一通りの世の中の渡り方を学ぶ
ということではないか?と思うんです。

だから、子育てが終わりといっても
「はいっ、じゃあ、今日から一人で生きていって下さいね~♪」
っていう突き放した意味じゃなくて
「今日で私が教えられることは一通り教えました。ここから先の人生は自分で考えて自分で決めてくださいね~♪もちろん、相談したいことがあれば言って下さい♪」
ということじゃないか?と思うんです。

自分の人生は自分で決める。

ということは

自分の人生の責任は自分で取るということだと思うし
それができる最初の年齢が14歳なんだと思います。

もちろん、法律的な責任は14歳にはとれません。
それは親の責任でもあります。

だけど人生の責任は14歳から取っていかなければならないんじゃないか。

野田先生のお話を聞いてそう思いました。

みなさんは何歳で子育てが終わると思いますか?

 

性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

 

 本物のアドラー心理学を。