家族会議。~はてなブログ版~

家族の、家族による、家族のためのブログ

アサドリのブログ76

f:id:solidka2yuki:20170414072033j:plain



おはようございます。
今日は朝も暖かいですね。
昨日は朝が寒かったですが日中は暑いくらいでした。
なので、今日は朝から暖かいので
日中はもっと暑くなるでしょう。

僕は電車で通勤しています。
電車の中ではだいたい本を読んでいます。
朝、通勤するときはアドラー心理学関係の本。
そして、帰宅するときはアドラー以外の本を読みます。
それで、最近読んでいた本がこちらです。

f:id:solidka2yuki:20170414072147j:plain


スペクテイターVol38 赤塚不二夫 です。

僕は、スペクテイターが好きで新しく出たら毎回購入をしています。
この本は、毎回いろんな面白いテーマを取り上げています。
それで読むたびに自分の頭の中がアップデートされるというか
何かしらの発見があり、非常に面白く読ませてもらっています。

それで、今回は一冊丸ごと赤塚不二夫特集でした。

僕は、赤塚不二夫さんのことはもちろん知っています。

しかし、リアルタイムで「バカボン」とか「おそ松くん」を見ていたかというと

みていない世代ですね。

確か、「バカボン」の再放送はみたような記憶があるのですが
「おそ松くん」や「もーれつア太郎」などはどんな話か知らないです。

あっ、でも「おそ松おんどでよよいのよい♪」っていう歌が頭の中に浮かんできたので
おそ松くんは見たことがあるのかな。。。

まあ、なんせ、赤塚不二夫を知っているギリギリの世代であることは間違いないかもしれません。

今は「おそ松さん」がヒットして再ブレークしており、
また「バカボン」も再放送されています。

ただ、赤塚不二夫さんという方がどんな方なのかを知ることは

もうないのではないでしょうか。

それで、僕は、昨日、この本を読み終えたばかりなのだぁ!

またゆっくり、この本をふりかえり感想を書いてみたいのだぁ!

だから、今は、特に印象に残ったところをご紹介するのだぁ!

軽井沢ムササビ事件「ムササッ!」】

①赤塚の珍芸。タモリらと放送作家高平哲郎軽井沢の別荘で、
赤塚が余興として雪の中パンツ一丁で木に登って「ムササビッ!」
と叫んで飛び降りた。ところが木が低くて「ムササッ!」で着地し強打。
駆け寄ったメンバーに「ビッ」と言って倒れた。

スペクテイター VOL38 赤塚不二夫 P229

 

わしはこれを電車の中で読んでいたのだぁ!

ツボにはまって吹きそうになったのだぁ!

周りの人から変な目でみられたかもなのだぁ!

だけど、、、

これでいいのだぁ!

今日も幸せな一日を選択できますように。

 

今度は漫画も読んでみたい!

 

スペクテイター〈38号〉 赤塚不二夫

スペクテイター〈38号〉 赤塚不二夫

 

 

 

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

 

 

アサドリのブログ75

 

f:id:solidka2yuki:20170413072538j:plain



おはようございます。
ここ数日朝が少し寒いです。
日中はすごく暖かいので
寒暖差がありますね。
こういう季節は体調を崩しやすいので気を付けたいです。

昨日は娘とウンチについて書きました。
娘とウンチについて書いたわけではないけど
娘がトイレでウンチをしていて、ふと見ると
娘がウンチで遊んでいるように勘違いして怒ってしまった。
という内容の記事を書きました。

 

family-base-camp.hatenablog.jp

 

子育てって、ある意味で怒りとの闘いだと思うんです。

これにはまず、怒るということが子育てにとって
もう少し言うならば人間関係にとってよくないことである。
ということが分かっているということが前提になりますが。

僕は、アドレリアン(白帯)ですので
賞罰でこどもを教育していくということはしないようにしています。

ですが、まだまだ、僕自身が未熟なため
怒りという感情を使って子どもに接してしまうことがるのです。

これは、とても恥ずかしいことなんですね。

僕の尊敬する日本のアドラー心理学の第一人者である
野田先生は講演の中でこうおっしゃっています。

「怒るというのは、動物が敵に対して行う行為だ。」

そしてこうもおっしゃっています。

「子どもって敵ですか?」

敵じゃないです。
僕は味方だと思っているし、子どもにも味方だと思ってほしいですね。

最初にも書いたのですが
そういう意味で子育てって怒りとの闘いだと思います。

親だって子どもができてから初めて親になります。
ということは、当たり前ですが、
自分に子どもができるまでは、
自分も子どもだったということです。

それまで子どもだった自分に子どもができる。
それで親になっていく。

親になるというか、人間になっていくのだと思います。

動物から人間に変わっていく。

子育てを通して、怒りという感情に向き合いながら
どのようにして怒りの感情を使わずに
理性的に、人間らしく子育てをしていくか。

そういう意味で子育てって

親も人間として成長していきますよね?

じゃあ、昨日はなぜ、娘に怒ってしまったという
恥ずかしいことを書いたのか。

それは、一つは戒めのため。
もう一つは、文章を書くことで整理するため。

子どもに対して怒ってしまうのは

親側も大人になりきれていない。

言うならば、子どもっぽいんだと思います。

3年前だったと思います。
野田先生の講演に行ったときに質問コーナーがあったので
僕はこうきいてみました。

「僕は子育てで怒りの感情を使って子育てをしてしまいます。それで、怒りの感情をなくすにはどうすればいいですか?」

これに対して野田先生は即答でヒトコト。

「無理です。」

そしてこう続けられました。

「ただ、自分がどういうときに怒るのか。それを分析して行くことで怒りを使わないようにすることはできます。」

この時は、まだパセージも受けておらず、どういうことかわからなかったのですが、ゆくゆくアドラー心理学を勉強していきながらだんだんとわかるようになりました。

つまりは子育てで

もっというと、野田先生のアドラー心理学を学ぶことで(修業)

怒りという感情を使わなくてもいい方法がある!

これが分かれば、怒りという感情がなくなるというよりも

使わなくなる

のだと理解しています。

怒りという感情を使うことがあまりにも慣れ親しんでいるため
怒って対処しようとするのですが
そんなことしなくても、いい方法があるんです。

例えば、10年前に気に入っていた服でも
現在、流行っていないと分かれば
たんすの奥にしまいこみますよね?

それと同じように
子どものころに使っていた怒りという感情も
使わなくてもいい方法があると分かれば
心に奥にしまって使わなくても大丈夫だとわかります。

あるにはあるけど、使う必要もない。

使わなくてももっと便利な方法があるから。

といいつつも

まだまだ未熟なので怒りという感情を引っ張り出してきて
使うことを選んでしまうんですが(笑)

昨日はいい勉強になりました。

今日も幸せな一日を選択できますように。

アサドリのブログ74

f:id:solidka2yuki:20170412072203j:plain



おはようございます。
寒いと思ったら暖かい。
そんな朝です。
今日は久しぶりに天気が良さそうですね。
この感じだったら昼は暑いぐらいになるんじゃないか。
そんなふうに思っています。

昨日は久しぶりにマイナスの感情
つまり怒りの感情を使ってこどもには接してしまいました。
感情を5段階で表現すると
4ぐらいまではいっていたとおもいます。

何があったのか?というと
夕方、3歳の娘がトイレでウンチをしていました。
娘はまだ扉を開けたままトイレをします。
それで、いつもよりも臭いがきついなぁと思い
様子をのぞきにいくと
ウンチがついたティッシュペーパーで便座を拭き拭きしていたのです!
当然、ウンチが便座にへばりつくようになっていました。

それを見た瞬間

「なんでそんなことするん?」
「トイレは遊ぶところと違う!」
「そういうことをするとみんながこまるやろ!」
「部屋中が臭いやろ!」
「どうするん?これ!」

ということを大きな声で言ってしまいました。

お尻を拭いてウンチがついたティッシュで便座を拭いている。

つまり

娘はウンチで遊んでいる

と思ったのです。

そう思うとドンドン怒りの感情が湧いてきました。
それに気づいてこのまま、この場所にいるとどんどんエスカレートすると思い

「終わったら呼んで。」

といってその場を離れました。

それで、いったんテレビを見ることにしたのですが
部屋中に漂う臭いを嗅ぐと思い出してしまうのです。

それで、怒りレベルが3ぐらいになりながら
僕は考えました。

これからトイレの後始末をしないといけない。
それで、起きてしまったことは仕方がない。
でも、これからトイレ掃除を
楽しんでやるか?怒ってやるか?
これは自分で選べる。
だったら楽しんでやってみよう。

そう思い直し
いざ、トイレに出陣したのですが、、、
娘の顔を見ると怒りレベルが4になってしまいました。

それでも何とか押さえて対処しようと思い
3.8ぐらいにはおさまったと思います。

とりあえず娘を便座から降ろして
まずお尻を拭きました。
そして次に便座を掃除するのですが
娘にも手伝ってもらおうと思いトイレクリックルをとって
「これで拭いて」
と言って娘に渡しました。
この時も僕はブツブツガミガミといろんなことを言ったと思います。

娘は今にも泣きそうな顔でショボショボと拭きました。

しかし、まだ全然汚れているしトイレは臭いし。

ですが、とりあえず、手伝ったということで娘には手を洗ってもらうことにしました。

その時、あることに気づきました。
それはウンチが娘の太ももの内側に
なすりつけたようについていることに。

これはティッシュじゃ間に合わないと思い

「お風呂行くで!」

と言ってお風呂に連れていきました。

そしてシャワーで、太ももの内側になするようについたウンチを洗い流しました。

この時は、怒りレベルは3.5ぐらいです。

だんだんこの状況になれて来たのかもしれません。

それで、娘のお尻もきれいでピカピカになったところで

「さっと着替えてよ。」

といって娘をバスタオルで拭いてあげました。

すると一目散に走って着替えに行きました。
そして今まで我慢していた涙を全部出すかのように
大きな声で泣いている声が聞こえてきました。

そのあと、僕もお風呂からでました。
そしてトイレ掃除にとりかかりました。

トイレクリックルとトイレの洗浄スプレー使って掃除しました。

「どうせやるならピカピカにしよう!」

と思い、床も綺麗に掃除しました。

その時にまたまたあることに気づきました。

娘のパンツがトイレに置いてあったのです。
しかも、そこにはウンチがたっぷりついていました。

それで、僕の推理が始まりました。

パンツが汚れている。
娘の太ももにもウンチがついている。
今まではちゃんとウンチができていた。

そして僕はハッとしました。

そうか、まず

ウンチが我慢できずにパンツにもれてしまった。

そのあと

便座に座っていつも通りウンチをした。

だけど、

ウンチが便座についてしまった。

だから

ティッシュで便座拭いてくれていた。

僕はこれに気づいたとき

やってしまった。。。。

と思いました。

僕は勝手に娘がウンチで遊んでいると決めつけて怒ってしまったのです。
もしも、僕の推理があっているのなら
娘はトイレに失敗してそのあと始末を自分でしようとしただけなのです。

これは娘に話を聴こうと思いました。

トイレを綺麗に掃除したあと
娘を呼んで膝の上に抱っこして
こう聴いてみました。

「もしかして、ウンチがもれたの?」

娘はうなずきました。

「それで、掃除をしてくれてたの?」

また娘はうなずきました。

僕の推理は当たっていました。
そして僕は言いました。

「じゃあ、掃除してくれてたんやな。ごめん、お父ちゃん、てっきりウンチで遊んでるのかと思った。怒ってゴメンね。」

娘はまたうなずきました。

「そうか、トイレを掃除してくれたんやな!ありがとうね!お父ちゃんのこと許してくれる?」

うなずく娘。

「ありがとう。掃除の続きはお父ちゃんがやってピカピカにしたよ。見てみる?」

そういって二人でピカピカになったトイレを見に行きました。

いつも以上にきれいになったトイレを見ながら

僕の勘違いで怒ってしまったことを本当に申す分けなく思うとともに

この一件を

水に流してくれた娘にも感謝です。

 

 

トイレだけに。。。

 

 

今日も幸せな一日を選択できますように。

アサドリのブログ73

f:id:solidka2yuki:20170411070320j:plain


おはようございます。
朝ふっていた雨も今は何とか止んでいます。
今日は少し風が強いですね。
電車に影響がないか心配です。

つい先日の話です。
高校の同窓会の集まりに出てきました。
同窓会といっても、クラスの同窓会ではなく
学校全体の同窓会です。

今までの卒業生が集まる同窓会が毎年6月にあるのですが
今まで一回も行ったことがありませんでした。
それで、話によると
同窓会もどんどん高齢化してきている。ということ。

それで、ことし初めて
「若い世代の風を取り込もう!」
ということで僕にも声がかかりました。

皆さんの高校にもこのような取り組みってありますか?

というか同窓会って参加しますか?

僕も、当時のクラスで中がよかった友達とは
現在でも年に2~3かいぐらいペースで会っています。

しかし、学校全体の同窓会となると
少し気が重いというか
今までの参加する気にはなれませんでした。

例えば、僕なんかが参加するとすれば
一番下っ端なわけですよ。

名だたる諸先輩型がいらっしゃるわけですから。

そんな中、僕がその場にいようものならばどうなるか。

想像に優しいですよね。

そんなわけで、今までは参加したことがなかったのです。

今回は、6月の同窓会前のお試し会みたいなもので
僕よりも下の卒業生も参加していました。

総勢60人ぐらいの集まりになっていました。

そこでは、今回の集まりの趣旨説明があり
今までの同窓会の説明があり
そのあと自己紹介をして
みんなで軽食を食べるという流れでした。

そこで感じたことは

思ったよりも楽しいということでした。

最初はどんな空気なのかと構えていましたが
ふたを開けてみると皆さん気さくな方で
楽しい時間でした。

逆に僕よりも若い世代の子たちと話せたこともよかったです。

僕も今年で34歳になります。

それで、最近は伝統を受け継ぐということについて考えるようになりました。

伝統や文化って誰かが引き継いでいかないと途絶えてしまいます。
しかし、できれば関わりたくはないですよね。

できればやりたくないけど
誰かがしなければいけないこと。

これを引き受けて行くのが大人になるってことかな。

そんなふうに思っています。

今の自分の状況だと、頻繁に参加することは難しいのですが
だけど、自分にできることはしたい。

そう思っています。

それで、ある程度、子どもの手が離れ
時間に余裕ができたら
積極的に参加したいなと思っています。

その第一歩がこの前の集まりでした。

というわけで
自分にできることは何か?
これを常に考えて行動したいと思いました。

今日も幸せな一日を選択できますように。

アドラーならこう言うねッ!「リップスライム SUの浮気について」

f:id:solidka2yuki:20170410134048j:plain

headlines.yahoo.co.jp


芸能界ってどうしてこんなに浮気や不倫が多いのか?

毎日毎日誰かが浮気している。不倫している!
しかし、なぜ、これほどまでに多いのか。
それが商売っていうところもあると思うんです。
つまり、テレビや雑誌で視聴率を稼ぎ注目されるというのも一つの手法というわけです。とにかく、いい事でも悪い事でも注目された方がいい。


注目されること=自分の価値 

 

こういう図式が成り立つ業界なのであろう。
こう考えると、わかりやすいのではないか。
要するに、浮気が悪い事だと分かってはいても、自分が注目されたいがために浮気という手段を選ぶのだろう。

なんせ、注目されないと生きていけないからね。

浮気という手段で注目されるという目的を達成している。

もっとも、正当な手段で注目されたいならば

新曲を出して、売れればいいのだ!そのように努力をすればいのだ。

しかし、その道は選ばず安易に浮気という手段で注目を得ている。


かつて、アルフレッド・アドラーはこういいました。

結婚とは男女が相互尊敬的な
対等の協力関係を築くことである。

日本アドラー心理学会のHPより

 

それを踏まえて、もし、現在にアドラーが生きていたら

きっとこういうことでしょう。

おい、SUよ。いや、浮気男よ!
結婚したら他の女子(おなご)にうつつをぬかしてんじゃねぇぞ!
ちゃんと、おのれ本来の力で仕事で、注目されたらんかいッ!
しっかりと嫁のこと大事にしたらんかい!!!
じゃねぇとよ、嫌われちまうぞッ!
変なところで「嫌われる勇気」なんて持ってんじゃねぇぞっ!

しっかりせんかいっ!
いつまで「常夏の楽園ベイベー」やねんっ!

お前には人を楽しませる才能があるんや。
浮気やのうても、人の注目を集めれる力があるんや。

SUよ。お前にはその力があるんからなっ!

迷惑かけたんなら謝れや。

そんで、本腰入れて音楽活動で花咲かしたらんかいッ!

お前なら大丈夫や。SUよ・・・

しっかりやりいな。

がんばりや~。


*この内容はフィクションです。
アドラー心理学とは関係がありません。
ただ、子育てを通してアドラー心理学を修行中の
白帯アドレリアンのたわごとであり、妄想です。
実際にアドラーが生きていたとしても
こんな関西弁でしゃべることはないと思ってください。

しかし、もしも、この文章を機にアドラー心理学に興味がありましたら
野田先生のアドラー心理学を学ばれることをお勧めします!*

 

性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

性格は変えられる (アドラー心理学を語る1)

 
勇気づけの方法 (アドラー心理学を語る4)

勇気づけの方法 (アドラー心理学を語る4)

 
劣等感と人間関係 (アドラー心理学を語る3)

劣等感と人間関係 (アドラー心理学を語る3)

 
グループと瞑想 アドラー心理学を語る

グループと瞑想 アドラー心理学を語る

 

 

アサドリのブログ72

 

f:id:solidka2yuki:20170410080700j:plain


おはようございます。
今日からまた一週間がはじまりますね。
今朝は少し寒いです。
風が冷たい朝となっています。
これも一週間気合いを入れていけというメッセージかもしれませんね。
今日も頑張って行きたいです。

昨日は少し夜更かしをしてしまったのです。
なので、今、すごく眠たいんですね。
気合いを入れて行くという話をした後なんですが
「めっちゃ眠いんです。

なぜ夜更かしをしたかと言うと
アメーバTVで将棋チャンネルを見ていたからです。
昨日は現在、新人で注目されている藤井4段の対局があったのです。
炎の7番勝負と題された試合の5局目だったのです。
昨日は深浦9段との対局でした。

それで、見ているうちに寝るタイミングを失ってしまいました。

僕は将棋は強くはないのですが
見るのは好きです。

最近そういう人も増えているようですが
僕もその部類に入ると思います。

それで、注目されたその試合ですが
藤井4段が勝ったのです。

すごい新人が表れましたね!

対局はあと2局残っており
最後はレジェンド羽生さんとの対局です。

すごく楽しみですね!

今後の藤井4段に目が離せません。

ということで少し仮眠します(笑)

今日も幸せな一日を選択できますように。

子育てでこどもに伝えたいたった一つのこと。


先月の記事で息子が保育園になじめておらず、いじめられているかもしれない。という記事をかいた。それについて、親として学んだことを書いてみたい。
結果的に、現在息子は保育園に行くのが楽しいようだ。これはよかった。親としては安心だ。ただ、今後はどうなるかわからない。分からないけれど、いつどんな状況にあっても、親としてどういう風に子どもに接していけばいいのか?それが分かった気がする。
ちなみにこれはその時に書いた記事だ

 

family-base-camp.hatenablog.jp

family-base-camp.hatenablog.jp

family-base-camp.hatenablog.jp

 

今振り返ってみて、結果的に良かったが、僕の対応がよかったのかどうかはわからない。考えてみると、息子が楽しく保育園に通うことを選択したということだ。

こどもには選択肢が2つある。一つは保育園に通うこと。もう一つは保育園に通うわないこと。保育園に行くかどうかって、考えてみると親側の都合でしかない。子どもはどうしても行かなければいけないわけではないわけだ。通うことが当たり前になっているが、通うかどうかって本来子どもが決めることだと思っている。

その次の選択肢として、もし保育園に通うのならば、楽しく通うか?楽しく通わないか?この二つも選択できると思う。ここで親として思うのは「どうせ通うなら楽しく通ってほしい。」ということだ。子どもには楽しく幸せになってほしいと願う。親ならみんなそうだ。

こういう考え方がまずあり、その中で現在、息子は「楽しく保育園に通うことを自ら選んだ」と考えている。

つまり、選んだのは息子なのだ。そのために僕がどうこうしたわけではない。

ただ、一つだけ僕から息子に伝えたことがある。

それは「何があっても父ちゃんはあなたの味方だ!」ということだ。

保育園に楽しくいこうが、行くまいが。
友達の仲良くできようができまいが。
ひとりで遊ぼうが、友達の輪に入って遊ぼうが。

そんなことは関係なく、僕は、ただただ、目の前にいるあなたの味方である!

ということだ。

世界中を敵に回しても僕はあなたの味方。

最近はいろんな子育て論が世に出回っている。
いろんな、子育てや教育に関するテクニックのようなものがありふれている。

そんな中、自分のこどもに何をさせようか?と考える親も多いのではないかと思う。

それはいいとおもう。否定するつもりはない。

ただ、少し考えてもらいたいのが

子育てに関するテクニックがあるのだが

その根底には「何があってもあなたの味方!」という決心がなければ

そのテクニックって本当に生きてこないじゃないかって思う。

まずは、親が子どもの味方でいてあげること。

いつでもどんな時でも。

その決心が何よりも重要だ!そう感じたのだった。

子どもを育てていくということは親にも決心が必要だ。

僕は、今回の件で改めてそう感じた。

子どもを持つ親なら、誰もが子どもに幸せになってほしいと願うはずだ。

ならば、そのためのテクニックにすがるのではなく

まずは

世界中を敵に回しても子どもの味方になる!」という決心から始めるべきだ。

僕は、そう思う。